171年目の益子焼へ           感覚の世界へ

お問い合わせフォーム

※以前からのFAX注文をご希望のお客様は、お問い合わせフォームよりご注文・お問い合わせ下さい。お見積りご希望の方もお送りください。

「益子焼」は開窯171年目に突入

日本の伝統工芸品として認定されている益子焼。ぽってりとした愛らしい印象の焼き物。

江戸時代末期から脈々と続き、受け継がれ、昨年2023年には開窯170周年を迎えました。

地元で産出される良質な粘土と様々な自然の原材料を活用した釉薬とが織りなす賜物である益子焼。

益子焼協同組合では、この益子産の粘土と釉薬、また陶芸に使うあらゆる道具類を組合員に、また一般のお客様に販売しております。

  • 組合について

    益子焼協同組合の概要、益子焼文化における役割、歴史などについてお伝えします

    詳しく見る 
  • 益子焼の歴史

    国の認めた伝統工芸品である「益子焼」の歴史をひもときます

    詳しく見る 
  • お買い物ガイド

    益子焼協同組合オンラインショップでお買い物をしていただく際の情報をまとめました。

    詳しく見る